« 木星 2022/05/19 | トップページ | NGC5426、NGC5806、NGC5861など »

2022年5月20日 (金)

木星 2022/05/20

昨日の午前中は快晴の青空でしたが昼頃から急速にいつもの白空に戻ってしまい夜は星も見えずでした。半月ぶりの快晴は12時間も持続しません。

3:50起床。
南の空の月は少しぼやけ気味に光っていました。まだ薄雲があるようですがだいぶ薄れ木星も見えています。 

今日は土星が比較的うまく処理できたので採用
Sat_202205191900_8
5月20日03時57~03 分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=420
、3500フレームを60%スタック×5、RegiStax 6でWavelet処理

模様の変化が欲しいです。今年あたりから輪の消失に向けて衛星の影が土星に落ちる現象が始まるのですがこのちっぽけな望遠鏡で見えるでしょうか。

Jup_202205191925_0
5月20日04時16~34 分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=340、3500フレームを60%スタック×20、RegiStax 6でWavelet処理

薄雲がかかったりしていましたが気流は昨日と同じくらいでした。試しに18分間20ショットでDe-rotationかけてみました。労多い割には効果のほどは?
木星の右にイオが移動した線を引いています。
大赤斑は沈んでしまってその後ろの面で北赤道縞のグレーの雲が湧きあがっているあたりが左側に見え始めています。


この3日間の木星面を繋いでみました。
2022051719280_202205191925
天気に恵まれないこの5月に3日連続で撮影できたのですが、タイミング悪く肝心の大赤斑の部分が欠落しています。運にも恵まれず。

| |

« 木星 2022/05/19 | トップページ | NGC5426、NGC5806、NGC5861など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2022/05/19 | トップページ | NGC5426、NGC5806、NGC5861など »