« NGC4647の超新星 SN 2022hrs 2022/06/02 | トップページ | 今シーズンの木星面を確認 »

2022年6月 7日 (火)

木星 2022/06/07

3:30起床。
曇っていましたがしばらく見ていると北から流れ込む低い雲の隙間から木星がちらりと見えたので望遠鏡をベランダに設置。
切れ間が来るのを狙って木星でアライメントして導入。ピント合わせ、ADCの調整などしているうちに4時を回りました。
木星のいるあたりだけ雲の切れ間が狭く1ショットも撮影できないまま日出時刻を迎え今日も無駄に早起きしてしまったと撮影をあきらめた時に雲が急に切れました。
Jup_202206061930_3
6月07日04時25~35分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、17ms、Gain=320、3500フレームを60%スタック×10、RegiStax 6でWavelet処理

発達した低気圧の通過後で気流は荒れていましたが苦労して撮影したので採用。
大赤斑がもうすぐ昇ってくる前の面でした。
低い雲が切れると透明度の良い空だったようで青空の中での撮影でした。
梅雨入りしたけど、これからもずーっと雲との戦いが続くのか。雲に邪魔されない木星を撮影してみたい。

| |

« NGC4647の超新星 SN 2022hrs 2022/06/02 | トップページ | 今シーズンの木星面を確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NGC4647の超新星 SN 2022hrs 2022/06/02 | トップページ | 今シーズンの木星面を確認 »