« 宮ケ瀬から裏ヤビツ | トップページ | 木星 2022/06/27 »

2022年6月26日 (日)

木星とISS 2022/06/26

2:00起床。
熱帯夜ですが全開にした窓から風が部屋を吹き抜けていくので気持ちよく眠れました。ベランダに打ち付ける南風はだいぶ弱まりました。今日も透明度の良い空で木星が明るく光っています。

Jup_202206251801_0capture_lapl4_ap63
6月26日02時57~04分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、17ms、Gain=300、3500フレームを60%スタック×8、RegiStax 6でWavelet処理

気流はまだ悪い状態ですが昨日と比べればだいぶ改善しましたが詳細は見えません。
南半球中緯度の中央付近右に五つ子白斑の4番と5番と思われる白斑が何となく見える程度です。

今日はこのあとISS通過があるので1500mm直焦点撮影のため木星でピント合わせついでに撮影
Jup_202206251811_8capture_lapl4_ap4
6月26日03時11分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、5ms、Gain=180、10000フレームを30%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

直焦点のほうが良く写っているような気がします。

ISSは南西の空から北の空に飛行しました。ベランダからは接近の初めから望遠鏡で追跡できるので庇に隠れるギリギリの姿まで撮影できました。
Iss_202206251825_3capture_20
6月26日03時25分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、0.8ms、Gain=220、20フレームスタック、RegiStax 6でWavelet処理

今日の最接近時は435kmですが庇に隠れる直前で460kmくらい。悪天続きで撮影できませんでしたが自動追尾システムにしてから初めて500km以内の姿を捉えました。
500km以内になると木星より大きく見えます。

1.5倍Drizzleして処理
Iss_202206251825_3capture_drizzle1560
何度も自動追尾撮影の練習を重ねた成果がやっと出ました。
太陽との角度が良く左右のラジエーターが露出オーバーにならず写りました。ロシアのプログレス宇宙船の太陽電池パネルも見えます。
右から2番目の太陽電池パネル下側の両端に光点が見えるのは何でしょう?

| |

« 宮ケ瀬から裏ヤビツ | トップページ | 木星 2022/06/27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮ケ瀬から裏ヤビツ | トップページ | 木星 2022/06/27 »