« 木星と土星 2022/07/31 | トップページ | 暗斑の大赤斑接近 »

2022年8月 1日 (月)

木星 2022/08/01

2:00起床。
朝から夕方前はピーカンで、その後山沿いの雷雲から流れ出す上空の雲がかかり、明け方に向けて消散するという毎日同じ天気変化を繰り返しています。
この夜も雲だらけの空で上空の雲の薄いところで木星が見えていました。
レーダーを確認すると深夜過ぎまで群馬県方面で雷雲が発達していてゆっくり南に下がりながら弱まりつつありました。それによって発生したカナトコ雲が北から南に流れ上空を覆っていたのでした。
最近の傾向で明け方に向け雲は解消していく方向なので木星を導入して雲の薄まったタイミングで撮影することにして待機。

Jup_202207311727_7
8月01日02時25~30分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、17ms、Gain=370、3500フレームを60%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

薄雲越しで一番明るく見えていた時の木星です。
昨日の好気流の姿を見てしまったあとではボツにしたいところですが撮影できたチャンスはこの一回だけでした。その後は動きの遅い厚めの雲がかかってしまい力尽きて撤収。
5番白斑が右、7番白斑が左にぼやけて見えます。
その北側の暗斑列は濃淡のあるグレーの縞にしか見えません。

山沿いの不安定は解消しそうもないですね。

| |

« 木星と土星 2022/07/31 | トップページ | 暗斑の大赤斑接近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星と土星 2022/07/31 | トップページ | 暗斑の大赤斑接近 »