« 満月14時間前 2022/08/11 | トップページ | 木星 2022/08/14 »

2022年8月12日 (金)

木星 2022/08/12

相変わらず日中は無駄に暑く南風は無駄に強く吹き続け夜になっても収まりません。おまけに南海上の熱帯低気圧周辺の湿った空気が入り始め下層雲が速いスピードで去来して邪魔しまくり。八王子方面には雨雲も流れ込んで来ていました。
夜が更けて気温が下がっても真夏の気流には程遠い状況が続きました。
風により狭いROIの範囲からはみ出して暴れまくる木星を収めるためROIの設定を広げて対応。

Jup_202208111523_2
8月12日00時20~25分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

でもあれだけブンブン動き回る木星もスタックすると丸い木星像になって模様が見えてくるから不思議です。魔法です。
昨日の最後の写真とほぼ同じ面からですが圧倒的に気流が悪く詳細は見えません。

Jup_202208111618_5
8月12日01時15~21分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

撮影中雲が去来して明滅。気流もより悪化。もう片付けて寝ようかと思いました。
大赤斑の南に縦に並ぶ白斑はもうすぐ大赤斑の中心経度を通過しそうです。

Jup_202208111722_2
8月12日02時19~24分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

ちょうど雲が通過して行ったあとで大きく晴れの区域が来て気流が少し良くなり今日一番の写り。悪いながらも何とか一矢報い
ました。
大赤斑はきれいな長円形をしています。周囲をぐるりと回り込む縞が目の輪郭のようです。南側は大赤斑スレスレ接するようにして右側に流れ出しています。
北赤道縞中央あたりの青黒い雲やその左の白い沸き上がりがモニター上でも目立っていました。

このあと下層雲が増えて撮影困難となり打ち切って就寝。

| |

« 満月14時間前 2022/08/11 | トップページ | 木星 2022/08/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月14時間前 2022/08/11 | トップページ | 木星 2022/08/14 »