« 暗斑列の北上 2022/09/06 | トップページ | 満月の中秋の名月 2022/09/10 »

2022年9月10日 (土)

奥多摩湖ドラム缶橋往復

昨夜は宵のうちまで中秋の名月イブの月が雲間から見えていたので木星が見えてくるまで天気が持つかと期待したのですがあっけなくべた曇りとなりました。日付が変わるころには雨となってしまい安心して睡眠。

6:00起床。
明るい曇り空です。路面もかなり乾いていたので自転車で出発。
3夜連続で星見キャンセルのため体力も充実し気温も下がって走りやすくなったので奥多摩湖を目指しました。

6:50出発~二子玉川~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~奥多摩湖~11:30奥多摩湖ドラム缶橋折り返し
P50_20220910_1128341
奥多摩湖に近付くにつれ空はどんより感が増しましたが雨には降られず。しかしトンネル内の路面が濡れていたので結構ハネがかかりました。
ドラム缶橋への降り口に多摩川の97.5キロポストがあり、ドラム缶橋の正式名称は「麦山浮橋」と書かれていました。浮きにドラム缶が使われているわけではないのですが、初めの頃は本当にドラム缶を浮きに使っていたらしいのです。
ここで持参した魚肉ソーセージをがじって帰途につい来ます。

奥多摩湖~R411~軍畑大橋~都45~R411~青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CR~多摩大橋~多摩川右岸~浅川CR~万願寺歩道橋~浅川CR~府中四谷橋~多摩川CRで15:40帰宅。
奥多摩湖近くの気温表示版は22度となっていました。快適です。でも多摩大橋あたりまで戻ってくると真っ青な青空となりちょっと暑さを感じなら今夜星見ができそうなのでペースを落として体力温存しながらの走行でした。

走行距離:180km

| |

« 暗斑列の北上 2022/09/06 | トップページ | 満月の中秋の名月 2022/09/10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暗斑列の北上 2022/09/06 | トップページ | 満月の中秋の名月 2022/09/10 »