« NGC4647の超新星の1年後 | トップページ | CMOSカメラを積んで羽生へ »

2023年4月21日 (金)

ISSを撮る 2023/04/21

3:50起床。
明け方にISS通過があるので早起き。
外を見ると薄雲がかかっているようで1等星がやっと見えるくらいの空。
7インチでの撮影はあきらめて手慣れた5インチで撮影することにしました。
ほぼ同時刻、同じ方向を中国の宇宙ステーションCSSが通過するのですが優先度はISSの方が上なのでCSSは無視。
Iss_202304201937_5drizzle15
4月21日04時38分頃  D=127
mm、F=1500mm、IR642BP、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1.0ms、Gain=350、RegiStax 6でWavelet処理、1.5倍拡大

4時半はすっかり空が明るくなって流星カメラでの光跡は撮影できません。今日は南西から東北東の空に向かって飛行しました。
まだ南の空で接近中の姿。薄雲越しでクッキリ感がありませんが本体の下にぶら下がるようにドッキングしているロシアのモジュールとその太陽光パネルが見えます。
ISS前方にあるきぼうモジュールが正面からの太陽光を反射してピカピカに光っています。

| |

« NGC4647の超新星の1年後 | トップページ | CMOSカメラを積んで羽生へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NGC4647の超新星の1年後 | トップページ | CMOSカメラを積んで羽生へ »