« 木星 2023/09/06 | トップページ | 木星の北赤道縞の変化 »

2023年9月 7日 (木)

木星 2023/09/07

0:30に目覚めると全天雲に覆われた空の切れ目から木星がちらっと見えていました。
気象衛星の画像を見ると覆っている雲は東進してその西側に切れ目も見られるので念のため望遠鏡を出して二度寝。
4:00起きてみるとまだ雲が多い状態でしたが西に大きな雲の切れ目が近づいていたので撮影に入りました。
Jup_202309061922_2
9月07日04時18~25分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを45%スタック×8、RegiStax 6でWavelet処理

雲の切れ間に入ると8ショット連続で撮影できました。気流は悪化して秋の気流になっています。
右の方に4番と5番白斑、左の方に7番白斑が見えています。
北赤道縞の左の方の白斑の近くに左上右下に伸びる白い雲の沸き上がりが見られます。この場所は5日に白い光点が見えていた位置でそれが広がったものと思われます。

このあとすぐに雲が覆ってしまったので撤収して終了。

| |

« 木星 2023/09/06 | トップページ | 木星の北赤道縞の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2023/09/06 | トップページ | 木星の北赤道縞の変化 »