« 木星 2023/11/25-26 | トップページ | 木星と土星 2023/11/27-28 »

2023年11月26日 (日)

一家に一冊 天文年鑑2024年版

6:00起床。
どん曇りです。新聞を取りに北の玄関を出てもどん曇り。そして冷えています。
関東の南の風のぶつかりは弱い低気圧に発達していて午前中は小雨もパラつき昼に向かってさらに気温低下して真冬の寒さのどん曇り。
とにかくこのどん曇りで自転車は今日も休養日決定。

土日続けてのどん曇りは精神衛生上もいけません。そこで明るい明日を夢見るために先日出版されているはずの天文年鑑2024年版を本屋まで買いに行ってきました。
P50_20231126
表紙はすい星師匠が写した西村すい星の雄姿。スバラシイ。ベランダからは見られませんでした。

何と2023年版より13%以上値上げされ1500円になっていました。
真っ先に見に行ったのは小惑星による恒星食の観測結果のページ。

今年、幸運にもベランダ天文台で小惑星による恒星の掩蔽現象の観測に成功し小惑星掩蔽師匠に報告しておいたのでした。
すると観測結果の表の中に自分の名前を発見!。観測した小惑星の掩蔽結果の図も掲載されていたのでした。極めて嬉し。自己満足の極値。高校生の頃、月の写真が天文ガイドに掲載されて以来の喜びかな?

ベランダ天文台では数回の小惑星による恒星の掩蔽が予報されていましたが現象が庇の向こう側であったり高度が低くてマンションの向こう側だったり帰宅前だったり天気が悪かったりで観測できたのはこの1件だけでした。

観測結果を見ると同じ氏名で何件も掲載されている人がいます。恒星が小惑星に隠される掩蔽帯に遠征して熱心に観測されている人のようです。スバラシイ。

| |

« 木星 2023/11/25-26 | トップページ | 木星と土星 2023/11/27-28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2023/11/25-26 | トップページ | 木星と土星 2023/11/27-28 »