« 境川湘南相模川浅川多摩川周回 | トップページ | 木星 2024/03/17 »

2024年3月16日 (土)

木星 2024/03/16

大きな移動性高気圧に覆われ上空の気温も暖まって来て気流状態は期待が持てましたが南風が無駄に強く望遠鏡を揺らしていました。
透明度がいまいちで木星の発見導入が遅れました。

Jup_202403160911_8
3月16日18時07~16分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Uranus-C、SharpCap 4.1、12.5ms、Gain=460、4800フレームを55%スタック×10、RegiStax 6でWavelet処理

白斑が見える程度には気流が安定していました。
見えている白斑はたぶん1番かと思われます。
南赤道縞の南側に並ぶ暗斑列も何とか見えています。
北赤道縞から垂れ下がるフェストン3本が良く見えます。

Jup_202403160939_6
3月16日18時35~44分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Uranus-C、SharpCap 4.1、12.5ms、Gain=470、4800フレームを55%スタック×10、RegiStax 6でWavelet処理

庇ギリギリで高度35度を割り込んでいますがまだボケボケになりません。
北赤道縞の中央あたりは白い雲が横方向に湧き上がって茶縞を裂いています。

| |

« 境川湘南相模川浅川多摩川周回 | トップページ | 木星 2024/03/17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 境川湘南相模川浅川多摩川周回 | トップページ | 木星 2024/03/17 »