« 木星 2024/02/28 | トップページ | 2024年1回目の江の島 »

2024年3月 2日 (土)

超新星SN2024gyを見る

6:00起床。
南の空は昨夜から続く風のぶつかりによるキレの悪い雲が漂っていました。新聞を取りに北の玄関を出ると北の空には青空が見えていたので日差しが出てくるのを待ちました。
しかしキレの悪い雲の領域は北に広がり始め北風強めで日差しが無く気温上昇が鈍く自転車で出発する条件に達しないまま10時を回ってやる気が消失し今日は引きこもり生活することに決定。
昼前はわずかな薄日が差したものの午後からは一層キレが悪くなって全天曇り空で冬の寒さのまま曇天鬱状態。

そういえば昨日会社の女の子にもらった肉球まんじゅうがカバンの中にあったのを思い出し愛情補給。
P50_20240302_114341
すこし持ち直しました。

今年の2月はここ最近では天気の悪い日が多かったイメージが強いです。星見にしても自転車にしても。
暖冬で早めに春の天気変化に移ってしまったのでしょう。

2月の撮影データを整理していてずいぶん前の撮影ですが新しいCMOSカメラUranus-Cが届いた記念に撮影しておいたおとめ座の銀河NGC4216に出現した超新星SN2024gyの写真を発見し処理してみました。
Ngc4216_20240212_130frames_1950s
2024/02/12 60mm屈折 F=370mm、Uranus-C SharpCap 4.1 ライブスタック、縮小トリミング
中央の銀河がNGC4216で中心核右下の円盤の中に見える星が超新星。他の星と明るさを比較すると14.0等級くらいでしょうか。
左上の細い銀河はNGC4222、右下の細い銀河はNGC4206、そのほかおとめ座銀河団のモヤモヤしたちっこい銀河がいくつか写っています。
今日も木星時間はどん曇りです。

| |

« 木星 2024/02/28 | トップページ | 2024年1回目の江の島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2024/02/28 | トップページ | 2024年1回目の江の島 »