自転車旅2024

2024年7月13日 (土)

三浦半島周回

4:30起床。
昨日の雨は止んで曇り空。熱帯夜から解放されてエアコンオフでも熟睡できました。
路面は所々ウェットでしたが乾きつつあります。当初の予報では3連休全部雨マークが付いていましたが今日は日差しが出る天気に回復し、猛暑にもならないようなので三浦半島を周回して来る長距離走を決意。

5:20出発~多摩川CR~六郷橋~R15~横浜~R357~八景島~R16~横須賀~R16~県209~浦賀~県210~久里浜~R134~県215~三崎港
横須賀を過ぎると結構日差しが出てきましたが海風が涼しく快適。三浦半島南端ではスイカが最盛期のようで露店で売っていましたが自転車じゃ持ち帰れないので眺めて通過。
三崎港には10時過ぎ頃到着。何やらお祭りのようでした。
早く着きすぎて食事処が無かったのでコーラ500ml缶を一気飲みして北上。

~県26~R134~ソレイユの丘~荒崎休憩~R134~江の島休憩
江の島に12時半くらい到着。腹が減ったので持参した賞味期限切れのカロリーメイトと魚肉ソーセージ、自販機で500mlカフェオレを接種。

~R467~遊行寺~境川CR~県57~野津田~都18~府中四谷橋~多摩川CRで16:20帰宅。
多摩水道橋付近からパラパラ雨に降られながらの帰宅。
帰宅直後雨が強まって路面ウェットに変化。タイミングよく帰れてラッキーでした。

走行距離:220km


| | | コメント (0)

2024年7月 7日 (日)

午前中しか走れない

2:30目覚めましたが空は白く曇っていたためそのまま目を閉じました。
3:30目覚めましたが依然空は白く曇っていたためそのまま目を閉じました。望遠鏡は前の晩からベランダに準備しておいたのに今朝も不発。

5:30起床。
空を覆っていた低い雲は消えかかって朝日が差し始めています。
昨日の夕方の雷雨のあと気温が25度くらいまで急冷されて楽な夜でしたが雨上がりで湿度が高く気温の割には蒸し暑さのある朝です。
予報では昨日より暑くなるようなので今日も午前中だけの走りにして午後は昼寝することにしました。

7:10出発~多摩川CR~府中四谷橋~浅川CR~万願寺歩道橋~浅川CR~多摩川右岸~多摩大橋~多摩川CR~羽村休憩~多摩川CRで12:00帰宅。
P50_20240707_105912
東京都の夏の高校野球予選が始まっていました。
昨日より青空が広がって午前中は気温よりも日差しの熱さが来ました。あらかじめ長袖のウェアを着てきたので腕に受ける直射日光を避けることがでる上に書いた汗が蒸発するときの気化熱で長袖の下は思ったほどには暑くありません。
さすがに帰路11時過ぎると気温も35度近くなって時々ウエアに水を掛けながら冷却しつつ帰宅。

帰宅後は水シャワーを浴びて予定通り昼寝。
晴れているのに思いっきり走れない近年の夏の晴天はある意味悪天候です。

走行距離:99km

| | | コメント (0)

2024年7月 6日 (土)

最強の夏草

2:30目覚めるも空は白く曇っていたので起きださず。
3:30目覚めるも相変わらず白い空なので起きださず。望遠鏡は前の晩からベランダに準備しておいたのに今朝は不発。
4:30起床。
相変わらず低い雲が広がってすごい湿気でモワッとする朝。今日は猛暑日予想の上に雷予報もあるので涼しい午前中だけの走行と決めて出発準備。

5:40出発~二子玉川~多摩川CR~府中四谷橋~浅川CR~万願寺歩道橋~浅川CR~多摩川右岸~多摩大橋~多摩川CR~羽村~根がらみ前水田休憩~草花丘陵~多摩川CRで11:20帰宅。

結局雲の多い午前中で低い雲が消えた後も上層に薄雲がかかって日差しは控えめで気温の上昇はゆっくり。でも湿度が高くて吹き出した汗は走行して風を受けても乾くことは無くずっとカエルのようにしっとりしていました。
P50_20240706_100112
多摩川CRを走っていると写真のつる草がCR上に弦を伸ばして領域拡張に余念がありません。
僕は毎週末の走行でCRに張り出した弦の先をタイヤで踏みつけて進出を食い止める走行をしているのですが次の週末にはさらに勢力を強めていてキリがありません。

調べてみるとこの植物は特定外来生物に指定されているアレチウリという北米原産のウリ科の植物だそう。ウリ科といってもおいしいウリが実るわけでもなくほかの植物に巻き付いて覆い日を遮って枯らしてしまうほどの勢いで成長し、場所によっては河川敷内がこの葉っぱで埋め尽くされているような場所もあります。

走行距離:110km

| | | コメント (0)

2024年6月29日 (土)

ブルーインパルスを見る人をみる 2024/06/29

5:00起床。
どん曇りで路面びしょびしょ。
レーダーを見ると梅雨前線による雨雲本体は南下して離れていましたがしばらくすると湿った空気による低い雲が垂れこめてレーダーに映らない霧雨がしっとりと降り始めました。予報より天気の回復が遅れているようでしばし待機状態。
9時を過ぎて空が明るくなり始め路面がまだらに乾き始めたのは10時半過ぎでした。

10:50出発~二子玉川~多摩川CR~府中四谷橋~多摩大橋間周回~多摩川CR~是政橋~多摩水道橋間周回~多摩川CRで15:40帰宅。
走っていて数か所で今シーズン初めてセミの声を聞きました。真夏が一歩近づいた感じです。
昼を過ぎるとようやく雲の切れ間から日差しも出始めました。今日は川崎市制100年を記念したブルーインパルスの飛行が予定されていたので、これなら実施されるであろうと多摩大橋で折り返し。

入間基地に待機していた編隊は14:00発進で是政橋上空14:10通過の予定となっていたのでそれに合わせて戻ってきました。橋の上にはすでに人が集まり始めていました。戻りがちょっと早すぎて是政橋を通過して稲城大橋手前でブルーインパルスに遭遇。6機の編隊飛行ですでにスモークの長い尾を引いての登場でした。CR上には普段見ないほどの多くの人が出てスマホを向けていました。
ちなみに僕はカメラを忘れたので写真は無しです。

下流に向かうほど人が増えて走りにくくなったので多摩水道橋で折り返して是政橋まで周回。橋の手前で演技を終えて帰投する6機編隊が多摩川沿いに上空を通過して行きました。

走行距離:108km

| | | コメント (0)

2024年6月22日 (土)

6月は3回目の200km走

土星撮影後二度寝して6:00起床。
皮肉にも土星撮影時の薄雲は一旦去って青空が広がっていました。梅雨の6月ですが4回目の土曜日もお天気に恵まれました。
今日は南風で気温も上昇する予報だったので湘南海岸沿いの涼しい海風を浴びてくることにしました。

6:40出発~二子玉川~多摩川CR~関戸橋~都18~野津田~県57~境川CR~遊行寺~R467~R134~江の島休憩~R134~相模川沿い~相模川CR~厚木~相模川沿い~県48~町田街道~高尾~浅川CR~府中四谷橋
P50_20240622_105243
相模川CRの最下流部からみた富士山
富士山も夏山の姿に変身していく筋かの雪渓を残して青い山体となりました。
前回の走行でシフトケーブル切断が発生した地点も無事クリアして浅川CRに到達。最近の雨で浅川の流量も増えていました。

~多摩川CRで拝島橋折り返して16:30帰宅。
明日は雨予報だったので府中四谷橋から拝島橋まで往復して200km走としました。

走行距離:202km

| | | コメント (0)

2024年6月 1日 (土)

小菅村に行く

4:50起床。
どん曇りの湿っぽい朝。路面は乾いていましたが少し霧雨のようなものが落ちていました。レーダーを確認すると点々と小さな雨雲のエコーが散らばって西から東に流れていました。この後天気は回復に向かう予報なので頑張って出発してみました。

5:50出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~奥多摩湖~深山橋~R139~9:40小菅村役場休憩
奥多摩湖あたりまで来てやっと日差しが出始めて快適なツーリング日和になりました。
小菅村役場前のベンチで持参したカロリーメイトと魚肉ソーセージ、缶コーヒーで補給。
P50_20240601_094622
村役場の裏にある小菅小学校。
何と今年で創立150年だそうです。スバラシイ!。
となりに中学校がありますが、修学旅行先はオーストラリアだそうです。信じられない!。

P50_20240601_100503
進捗が良かったので村役場から少し上流をポタリング。小菅川に沿った低い位置に民家が並び上の方は畑になっています。斜度30度近い傾斜じゃないでしょうか。

~R139~R411~奥多摩湖~青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CR~多摩大橋~多摩川右岸~浅川CR~万願寺歩道橋~浅川CR~府中四谷橋~多摩川CRで15:30帰宅。
P50_20240601_131324
日野橋仮橋の取り付け工事で堤防周辺に積んであった土嚢が撤去中でした。重機が1個1個釣り上げていましたが半身が浮いて転落しそうです。

多摩水道橋まで戻ってくると走行距離が半端だったので近所を周回して200km走としました。
走行距離:204km

| | | コメント (0)

2024年5月26日 (日)

シフトケーブルを交換する

5:00起床
相変わらず低い雲が広がった曇り空。少しヒンヤリ感がありました。
さっそく昨日切れたケーブルを交換。幸いインナーケーブルの在庫が自宅にあったので助かりました。

まずは切れたケーブルの撤去ですが、切れた場所はシフター近辺のようでダウンチューブの位置からケーブルを引っ張るとスルスルと抜けました。
問題はシフターの中に残されたタイコの除去ですが重いギヤの位置に奥に巻き込んだまま切断面が引っかかっていて見える位置まで戻せません。
P50_20240526_060001
仕方ないのでブラケットカバーを外しSTIレバー裏面のメンテ用のフタを外すと巻き込んで挟まったままのタイコが直接触れるようになりました。
ブラケットカバーを戻す時はあまりにきつくて裂けるんじゃないかと心配しました。

新しいケーブルをシフターから通しリアディレイラーの位置まで引っ張り、急角度で曲がって擦れるシフター付近のケーブルにはグリスを塗って摩擦を減らす対策。
軽くシフトチェンジの調整して作業は終了。

その後多摩川CRを試走して今日は終了。

走行距離:70kmくらい

| | | コメント (0)

2024年5月25日 (土)

リアシフトケーブル切れる

5:00起床。
曇っています。
このところ南海上の梅雨前線の一番北の端の薄雲がずっとかかり続けて星見に使える夜が全くありません。
昨晩は夜中過ぎに前線の雲が南下して大きな月が見えていましたが夜明け前の土星時間には北東風による低い雲が広がってしまいました。
でも自転車走には使えるので出発。

6:10出発~県3~県57~境川CR~遊行寺~R467~R134~江の島休憩
P50_20240525_092811
えのしまねこ

予報では北の風のち南東の風だったので湘南方面に向かいましたが結構北風があって進捗よく江の島まで到着。
海岸沿いは北東の風で南寄りに変化するにはまだ時間がかかりそうなので大磯漁港まで進んで折返し相模川沿いに北上することにしました。

~R134~大磯漁港折返し~R134~相模大橋~相模川沿い~相模川CR~厚木~相模川沿い~県48~町田街道~高尾~浅川CR~多摩川CRで14:40帰宅。

相模川大橋まで戻って来てもまだ北東風だったので諦めて北上を開始。相模川CRの一番おいしい区間はずっと向かい風でした。
風向きが南寄りに変化したのは相模川沿いを離れて県48に入った後でした。

町田街道で清掃工場入り口の最高点を過ぎて下りに入ったところでシフトチェンジしたとき「カツン」という衝撃を感じました。これまでの経験からケーブルが切れたと直感。案の定リヤは一番重いギヤに落ちたままとなりました。
幸い浅川CRまでは下り基調ではありましたが約40kmの区間を一番重いギヤを踏んで帰ることとなりました。
奥多摩湖あたりで発生しなくて良かった。

切れたケーブルでの走行距離は19500kmほどでした。

走行距離:170km

| | | コメント (0)

2024年5月18日 (土)

奥多摩湖まで行った

土星撮影を終え二度寝に入らず朝食を食べて自転車で出発。
暑くなる予報ですが初夏の乾いた空気に覆われて奥多摩湖あたりは爽やかであろうと想像。

5:40出発~多摩川CR~府中四谷橋~浅川CR~万願寺歩道橋~浅川CR~多摩川右岸~多摩大橋~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~奥多摩湖~丹波山村諸畑橋折返し
P50_20240518_064514
浅川左岸から多摩川右岸にスイッチ。
多摩川堤防は1回目の草刈りが終わってスッキリしています。

諸畑橋
P50_20240518_100533
今日の休憩ポイント
R411はこの橋の先から丹波山村中心部に向かって上り基調となるのでこの橋の上で持参したカロリーメイトと魚肉ソーセージの休憩をして折り返し。橋の上は上流に吹き上がる川風が通り抜けて爽やかでした。

この橋は丹波山村が管理する奥多摩湖にかかる橋です。渡った右岸は行き止まりで2軒くらいの民家があるのみ。交通量ほぼゼロですが立派な鉄鋼橋梁。
橋の色が茶色いのは錆びているわけではなくこういう色の塗装。

~R411~青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで14:50帰宅。
今日は奥多摩湖あたりはバイクが列を成して走っていましたな。

走行距離:177km

| | | コメント (0)

2024年5月11日 (土)

相模川北上コース

ISS撮影を終えて二度寝に入ることなく自転車走に出発。
今日は南風が強まる予報なので江の島に進んで帰路は相模川沿いを北上するコース。

6:20出発~県3~県57~境川CR~遊行寺~R467~R134~江の島休憩~R134~相模川沿い~相模川CR~厚木~相模川沿い~県48~町田街道~高尾~浅川CR~多摩川CRで14:00帰宅。
P50_20240511
相模川河口から見た富士山
今日は透明度が良いので富士山がクッキリ見えました。

連休中の走り込み効果が残ってかなり進捗よく走れました。相模川沿いは強い南の追い風をいただいて快調。
でも多摩川CRまで戻ってくると邪魔な横風に変化して楽しさが失われたので走力を余して終了。

走行距離:151km

| | | コメント (0)