日記・コラム・つぶやき

2022年8月19日 (金)

木星 2022/08/19

太平洋高気圧は腰砕けとなり一気に関東の南海上に後退。後を追って前線も南下して一瞬秋の空気が流れ込みました。
下手に前線が南岸に停滞して秋雨模様となるのが一番困るのですが今回はキレ良く通過して行きました。しかし夏の気流が追い払われてしまったのでどんな見え方をするのか気になるところ。

0時半からスタート。
宵のうちは良かったのですが早くも次の雲の流れ込みが始まっていました。
Jup_202208181556_7
8月19日00時54~00分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×8、RegiStax 6でWavelet処理

南風が吹きまくった先日よりは気流は良かったです。
大赤斑が見え始めました。大赤斑から右に伸びる縞は見えている木星面の右端まで到達しています。
北赤道縞の中央付近から左で青黒い雲の沸き上がりが多く見られます。

Jup_202208181702_2
8月19日02時00~03分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×4、RegiStax 6でWavelet処理

時々雲のかかる状態での撮影で4ショットのみです。
大赤斑の右側の縞は一時期より幅が細く締まった感じで、その南の縞との間に白いゾーンが見え始めました。
この面あたりの北赤道縞が一番幅広く活動的に見えます。
左上の衛星はエウロパです。De-lotationの衛星処理をONにして処理したので丸く写っています。

このあと大赤斑が中央付近のタイミングはずっと雲の中で撮影できず。また意地悪だわ。

Jup_202208181810_8
8月19日03時09~12分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、4000フレームを50%スタック×4、RegiStax 6でWavelet処理

北から流れ込んでくる雲の合間で4ショット撮影。気流は不安定に揺れています。
大赤斑の左を回る縞のすぐ左に暗斑が接近しています。この位置だと南側に巻き込まれそうです。
縦に並んだ白斑は大赤斑中央の経度を通過しました。

Jup_202208181908_7
8月19日04時07~09分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、4000フレームを50%スタック×3、RegiStax 6でWavelet処理

大赤斑は去っていきました。
大赤斑の経度を過ぎると北赤道縞は幅が狭くなり直線状になります。
北赤道縞と南赤道縞から流れ出した青黒いフェストンが赤道上で合体しています。

夜中から頑張ったのに今日も夏の気流からは程遠く、相変わらずの雲の邪魔が入りガッカリな大赤斑でした。

| | | コメント (0)

2022年8月18日 (木)

火球 2022/08/18

前線は南下してこの夏初めて初秋の空気に入れ替わりつつあります。
日没後、宵のうちから快晴というのはこの夏初めてのような気がします。
そこでペルセウス座流星群も見られなかった恨みで散在流星でも写るかとベランダの手すりにCMOSカメラを括り付けて流星撮影を始めたらさっそく大物が!
20220818192250_pipp
2022/08/22 19:22:50頃 5秒露出×4枚
南の空低く、危うく前の家の屋根に隠されるところでした。
右上の星はさそり座のアンタレス。左のアンテナ付近の射手座からさそり座にかけて流れました。
流星は5秒露出の画像2枚に写っていました。1枚目は流れ始め、2枚目は消滅途中。マイナス8等級くらい?

| | | コメント (0)

メシエの日没

8月15日の夜木星撮影の合間に月に望遠鏡を向け眺めていたところ、メシエクレーターが日没ライン付近に見えていたので2800mmの直焦点で撮影してみました。
メシエは豊の海の中にある14km×8kmの小さなクレーターです。
20220817
上の写真は以前に撮影したものでメシエが中央付近に見えます。クレーターは2つ横に並んでいて右がメシエ、左がメシエA(14km)。左方向に彗星の尾のような長い光条があり目立つ存在です。


202208171
8月15日23時35分撮影
気流が悪くてボケボケです。
日没ラインぎりぎりで左から浅い角度で太陽光が当たっていますが彗星の尾のような光条がはっきり見えています。
注目はメシエから右に伸びる影の形。ふつうは右上や左下のクレーターのように三角形に近い影ですがメシエは「ねこ耳ニャロメ型」の影を引いています。
これはクレーターのリムが上下方向は高く左右方向は低くなっているためと想像されます。


202208172
8月16日01時50分撮影
上の写真から2時間15分後です。気流が改善しています。
メシエの上側と下側の高くなっているリムの部分だけ光が当たって左右のリム低はくて影の中に沈んでいます。
メシエAは低い溶岩台地の上にあるように見えます。左上からメシエAに向かって伸びる谷が途中で溶岩台地の縁で埋められて途切れているように見えます。
太陽高度が低いので光条が伸びているあたりの起伏が良く分かります。すべての起伏を横切って左端の高地まで到達しています。

| | | コメント (0)

2022年8月17日 (水)

オタマジャクシ斑の移動

腰折れ状態の太平洋高気圧は前線の南下を阻止することもできず星見はお休みで熟睡でした。

南赤道縞の南端に見えるグレーのオタマジャクシ斑の移動の様子を見てみました。
8月3日から15日までの4回の撮影でとらえられたオタマジャクシ斑をMAPに展開して経度変化を並べたのが下です。撮影間隔が不定期ですが移動の様子が分かります。
20220815
赤線でオタマジャクシ斑の頭の先を結んであります。
南赤道縞南側のグレー縞は追跡できないほど早く左に移動しています。それに比べオタマジャクシ斑はゆっくりと左に移動しています。
オタマジャクシ斑の南の暗斑列、独立して存在する平べったい暗斑、白斑列は右に移動。移動スピードは 暗斑列>白斑列>平べったい暗斑 の順です。

| | | コメント (0)

2022年8月16日 (火)

木星 2022/08/16

23時から活動開始。
太平洋高気圧は相変わらず腰折れ状態で日本の南から本州南部までしか覆わず、日本海の低気圧と前線の影響を受け始め、それらで発生した上空の薄雲が流れ込んで来ています。ベランダには南風が吹き込みはじめ望遠鏡が揺れます。

土星が衝
Sat_202208151428_5
8月15日23時28分  D=180mm、F=2700mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、8ms、Gain=320、10000フレームを40%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

衝だからといって良く写るわけではなく気流が悪いので直頂点撮影ですがリングの切れ味が悪いです。

Jup_202208151527_7
8月16日00時25~30分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

気流は夏の気流からほど遠く荒れ荒れです。
7番白斑が中央あたり、左端に8番白斑。
南赤道縞の南側中央付近に千切れかけた暗斑。

あまりひどいので2時間ほど仮眠。

Jup_202208151729_6
8月15日02時26~32分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×7、RegiStax 6でWavelet処理

この時間は風が比較的穏やかで今日の中で一番良く写りました。とはいえ詳細は見えません。
中央に色付き白斑、その右下に8番白斑。
大赤斑から右に伸びる縞と南赤道縞に挟まれた狭く白いゾーンが目立ちます。
このあと大赤斑が見えてくるまで2時間ほど仮眠。

Jup_202208151929_4
8月15日04時25~32分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、4000フレームを50%スタック×8、RegiStax 6でWavelet処理

薄雲がかかりベランダに吹き付ける南風は強まり気流はさらに悪化してボケボケ。
大赤斑の南に縦に2つ並んでいるはずの白斑さえ見えません。ガッカリです。

| | | コメント (0)

2022年8月15日 (月)

木星 2022/08/14-15

23時から活動開始。
風もなく雲もなく透明度良く晴れて木星の右には明るく月が光っていました。
台風は遠のき次に接近して来る低気圧はまだ日本海に入る前、太平洋高気圧は南に下がって本州の南部をやっと覆うくらいに勢力を弱めていて天気を支配する主役不在の空模様。
13時間後に衝を迎える土星を導入してみましたが今日も気流はよろしくないようなので撮影はあきらめて木星に向かいました。

Jup_202208141426_6
8月14
日23時23~29分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

大赤斑が中央付近なので 日付の変わる前からの撮影です。
しかし気流は昨日よりちょっとだけ改善した程度でよろしくなく詳細は見えません。
大赤斑の南に白斑が2つ縦に並んでいます。大赤斑の中心経度を通過する直前です。下側は1番白斑で上の白斑を追い越しました。

Jup_202208141535_5
8月15日00時32~38分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×7、RegiStax 6でWavelet処理

撮影10分くらい前から急に気流が安定し始めました。この気流があと1時間早く来てくれたらよかったのですが。
大赤斑の左に暗斑が接近してきました。暗斑列は同一緯度に整列しているわけではなく南北にズレて並んでいます。
南赤道縞中央やや右にある白い雲の直下に暗斑のようなものが見られます。これは大赤斑の左で北に折り返した暗斑なのでしょうか。
北赤道縞の中央やや右の白い雲の沸き上がりが明るく見えます。

この良気流はあっという間に過ぎ去って再び揺れの大きな木星に戻りました。しかも日本海側から上層雲も流れ込み始めメインイベントの大赤斑も過ぎ去って気合抜けしてしばし寝落ち。

Jup_202208141732_5
8月15日02時30~35分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×5、RegiStax 6でWavelet処理

1時間半ほど気を失っていたようです。雲は薄れましたが気流は戻らずです。
右端より2番から5番白斑が並んでいます。
南赤道縞中央付近の南端にオタマジャクシ斑が見えます。北側のグレー縞より濃い色をしています。シッポは切れて短くなりました。もうすぐカエル斑になる?
気流の改善は期待薄で仮眠した割は睡魔が強くここで打ち切って終了。夏の気流はどこへ行ってしまったのか。

| | | コメント (0)

2022年8月14日 (日)

木星 2022/08/14

関東以西に猛暑をもたらしていた太平洋高気圧でしたが、あっけなく台風の北上を許しお盆の週末だというのに台風が襲来。
無駄に暑く、無駄に南風強く、気流は悪く、挙句は台風を招き入れて今回の太平洋高気圧はホントに迷惑なやつだったわ。

1時前に起床。
雲が散らかっていましたが木星が見えていたので活動開始。
いちおうレーダーを確認すると台風本体はすでに関東の東海上に抜け平野部にエコーは無し。大島付近に東西に延びるに強いエコー列があり、それに対応して南の空低くでは雷光が光っているのが見られました。
台風通過後の一時的な強制晴れのエリアに入ったようです。

Jup_202208131631_0
8月14
日00時27~34分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

台風という大きな対流雲の渦巻が通過した直後なので気流は荒れ荒れで今日も詳細は分かりません。
右下に色付き白斑、左端に大赤斑の輪郭が見え始めています。
大赤斑から右に伸びる縞は色付き白斑の右上まで伸びているように見えます。
これだけぼやけると北赤道縞の茶縞が一番目立ちます。

Jup_202208131745_8
8月14日02時43~48分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

雲の去来が多く一向に気流は改善しません。
8月に入って大赤斑が中央に見られる日は常に気流がよろしくありません。ホントに意地悪です。
あきらめて就寝。

| | | コメント (0)

2022年8月12日 (金)

木星 2022/08/12

相変わらず日中は無駄に暑く南風は無駄に強く吹き続け夜になっても収まりません。おまけに南海上の熱帯低気圧周辺の湿った空気が入り始め下層雲が速いスピードで去来して邪魔しまくり。八王子方面には雨雲も流れ込んで来ていました。
夜が更けて気温が下がっても真夏の気流には程遠い状況が続きました。
風により狭いROIの範囲からはみ出して暴れまくる木星を収めるためROIの設定を広げて対応。

Jup_202208111523_2
8月12日00時20~25分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

でもあれだけブンブン動き回る木星もスタックすると丸い木星像になって模様が見えてくるから不思議です。魔法です。
昨日の最後の写真とほぼ同じ面からですが圧倒的に気流が悪く詳細は見えません。

Jup_202208111618_5
8月12日01時15~21分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

撮影中雲が去来して明滅。気流もより悪化。もう片付けて寝ようかと思いました。
大赤斑の南に縦に並ぶ白斑はもうすぐ大赤斑の中心経度を通過しそうです。

Jup_202208111722_2
8月12日02時19~24分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

ちょうど雲が通過して行ったあとで大きく晴れの区域が来て気流が少し良くなり今日一番の写り。悪いながらも何とか一矢報い
ました。
大赤斑はきれいな長円形をしています。周囲をぐるりと回り込む縞が目の輪郭のようです。南側は大赤斑スレスレ接するようにして右側に流れ出しています。
北赤道縞中央あたりの青黒い雲やその左の白い沸き上がりがモニター上でも目立っていました。

このあと下層雲が増えて撮影困難となり打ち切って就寝。

| | | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

満月14時間前 2022/08/11

今日日中も無駄に暑く南風が無駄に強く睡眠不足で自転車走も夜明け後の涼しい時間に近所のみ。
夜になっても風は収まらずベランダの望遠鏡の揺れは相変わらず。
明日は熱帯低気圧の影響を受けて星見は難しそうなので今夜のうちに満月前の月を撮影。
Moon_20220810_2015
南東の空低くに暑くてけだるそうな黄ばんだ月が昇ってきました。
満月は明日10時過ぎで月が沈んだ後。
月にも大気があって雲が湧いたりしていたら変化があって面白かったのに。

来月9月10日19時頃の満月は中秋の名月です。もうすぐ秋です。

| | | コメント (0)

木星 2022/08/11

0時から撮影開始。
昨日日中も無駄に暑く南風が無駄に強く夜になっても風は収まらずベランダの望遠鏡の揺れは相変わらず。
日本海の前線に伴う雲列はやや南下して北から流れ込む薄雲は相変わらず。
南の空の月は薄雲で結構滲んだ感じですが薄雲から出ると透明度の高い空のようで低い角度で煌煌と部屋の中に光を差し込んできました。
これでは気流の状態も昨日と大して変わらず荒れ気味かと思われたのですが以外にも0時過ぎとしては良い状態でした。

Jup_202208101532_0
8月11日00時29~34分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

昨日の続きの面からです。
5番白斑と7番白斑が見えています。オタマジャクシ斑が右端。その左にも南赤道縞の南側グレー縞からさらに南に分離したような島状のグレー斑が並びます。

Jup_202208101631_4
8月11日01時28~33分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

高度が上がり気流もさらに良くなりました。
7番が中央やや右、8番が左端。7番の左には小さな茶色斑。
この面の南赤道縞はずっと4層構造で幅広いです。
北半球中緯度には2列の暗斑列。

Jup_202208101731_8
8月11日02時29~34分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

木星は南中直前で高度55度近く。時々望遠鏡を揺らす風が吹きつけますが気流も安定してかなり良く見えています。
8番白斑が中央付近でひときわ白く輝いています。
色付き白斑がのすぐ右にちっこい白斑が見えます。

この後急に睡魔が襲ってきたので30分だけ睡眠。

Jup_202208101831_4
8月11日03時28~34分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを50%スタック×6、RegiStax 6でWavelet処理

この頃気流がとても良く縞が渦の集合帯に見えてきました。
大赤斑から右に伸びる縞は色付き白斑の上あたりまではっきりしその先は小さな暗斑列になっています。

Jup_202208101932_6
8月11日04時29~36分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=290、4000フレームを50%スタック×8、RegiStax 6でWavelet処理

大赤斑が見えてきました。
大赤斑から右に伸びる縞の状態が良く見えます。右に進むにつれ少しずつ南に下がって北側にもともとあった白いゾーンが広がっています。
北赤道縞から南側は複雑な渦模様や暗斑、白斑がいっぱいで見飽きません。
大赤斑の南に縦に並んでいる白斑はそろそろ大赤斑と並んだでしょうか。肝心なところで今日もおしまい。こういう気流の時に大赤斑を中央で見せてくれないかなあ。

今日はポン置きした赤道儀がたまたま精度よく北を向いたようで追尾も良好で撮影が楽でした。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧