日記・コラム・つぶやき

2024年5月30日 (木)

土星 2024/05/30

3:30起床。
日中は日差しの出る日があっても夜は雲に覆われてばかりの5月下旬でしたが今朝は南東の空に下弦前の月が光り薄雲があるものの晴れていました。明るくなり始めた東の空に土星も確認できたので12日ぶりに望遠鏡のフタを外して撮影に入りました。
Sat_202405291906_3
5月30日04時06分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Uranus-C、SharpCap 4.1、17.5ms、Gain=540、12000フレームを50%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

気流は前回18日より悪目でカッシーニの隙間がギリギリ見えるかどうかでした。
土星の右側の輪の端の下の方に衛星タイタンが丸く写っています。
今頃から7月中旬にかけてが今シーズン最も輪が細く見える時期になります。

土星撮影後、赤外フィルターを使って月の欠け際の面白そうな所を撮影
Moon_202405291927435
5月30日04時06分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Uranus-C、SharpCap 4.1、15ms、Gain=510、1500フレームを50%スタック、RegiStax 6でWavelet処理、35%に縮小

中央の入り江にあるトリスネッカー(26km)とその右側に広がるトリスネッカー谷、右上にはヒギヌス谷。
トリスネッカー谷は複数の谷が複雑に交差しています。

| | | コメント (0)

2024年5月20日 (月)

天文雑誌を買った

昨日5月19日09時に木星が合となりやっと明け方の空に移りました。
赤緯は+19度を越えて南中時の高度は73度。ベランダから見えるようになるまでにはさらに北に移動するので庇から現れて撮影可能となる時期は梅雨の明ける7月下旬頃からでしょうか。待ち遠しい。

月刊の天文2誌の表紙が先日の皆既日食だったので両方を購入しました。
20240520
天文ガイドは2009年奄美日食の前に買って以来、星ナビは初めて購入。両方とも1100円オーバーで高くなったものです。
星ナビの中の特集記事でISS撮影師匠の一人が書いた撮影方法の記事は興味深く読みました。私が使っている機材と全く違うものを使用されているので参考になる部分は少なかったですが創意工夫されている様子が興味深かったです。

そして気になったのが読者が撮影した天体写真のページ。何が気になったかというと掲載されている写真の撮影者の年齢でした。
天文ガイドには年齢が載るので各号の撮影者の年齢を世代順で洗い出すと以下の通りでした。

2024年6月号
72,72,71
69,69,67,65,65,65,64,64,64,64,63,63,63
59,58,55,54,54,52,51
47,40
28

2009年8月号
62,60
59,57,53
49,48,47,47,45,44,44,40,40
38,38,37,35,34,31

何となく15年前の世代がそのまま15歳年を取って平行移動したような感覚です。
30代以下の若い人の姿が見えてきません。
あと15年後どうなってるのでしょうか。

| | | コメント (0)

2024年5月18日 (土)

土星 2024/05/18

3:40起床。
土星狙いで早起きしてみました。少し薄雲がかかる空でしたが気流は昨晩月を撮った時よりもさらに安定していました。
Sat_202405171907_160
5月18日04時07分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Uranus-C、SharpCap 4.1、20ms、Gain=460、12000フレームを60%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

前回4月28日から約3週間、高度が高くなり条件が良くなりました。
輪の両端にカッシーニの隙間が写りました。南北の赤道縞、本体に落ちる輪の影も良く見えます。
輪の傾きは前回より1度狭まり約3度です。

| | | コメント (0)

2024年5月17日 (金)

雨の海の独立峰の影を見る

寒気渦も去って気流が落ち着いてきたのでベランダでお月見をしました。
Moon_20240517
今日の月は日出ラインが雨の海にかかり独立峰の長い影が平原に落ちているのが見えていました。
黄色枠のエリアを拡大して撮影

Moon_202405171040_5
20:40 右上がティモカリス(33km)、左下の欠け際がランバート(30km)その間にある独立峰の影が鋭い棘のように伸びていました。

Moon_202405171140_5
20:40 影が短くなりランバートの左側クレーター壁にも日が当たり始めました。

Moon_202405171242_6
21:40 ピントが甘かったです。影の長さは1枚目の半分くらいになったでしょうか。ランバートのクレーター上部が円形に見えてきました。
2時間ほどですが欠け際は変化があって面白いですな。

| | | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

流星とスターリンク衛星 2024/05/04

連休中羽生で撮影したデータの中に流星が写っていたので採用。
_20240503_183035z
5月04日03:30頃 Neptune-C II + Player One 2.5mmCSレンズ
下から左上に向かって天の川があり、跨ぐように夏の大三角が見えます。中央付近にこと座のベガ、右の屋根の上はうしかい座のアークトゥルス。
流星はヘルクレス座の足元あたりから北斗七星の柄の方向に流れました。そして下の方に2本の光跡があったのでその前の画像を調べると次々に同じ軌道上を動く人工衛星が写っていました。

それを比較明合成したのが下
202405031
22本ぐらいの光跡が写っていました。調べると1週間前くらいに打ち上げられたスターリンク衛星でした。
同時に打ち上げられた衛星の間隔が広がって地球の自転により衛星の見える高度が次第に高くなり平行線を描くようになっています。途中に隙間の広いところがあるのはその部分を飛行する衛星が失われているためでしょうか。

| | | コメント (0)

2024年5月11日 (土)

ISSを撮る 2024/05/11

3:20起床。
昨日の晩に続き今日の未明にもISSの通過が見られました。
今回は北西から南東に向かうのでベランダからは庇から出現するため距離が近いうちに視野に捉えるのが難しいコース。でも人工衛星自動追尾ソフトSatellite Trackeのおかげで庇から出た時点でファインダー内に捉えられていたので微動して視野に入れて撮影開始。
Iss_202405101850_8
5月11日 D=127
mm、F=1500mm、Uranus-C 、SharpCap 4.1、1.0ms、Gain=270、RegiStax 6でWavelet処理
3:51ころ過最接近で510kmほどなので昨日より100km近く大きく見えています。

ついでに土星も撮ってみました。
Sat_202405101922_4
5月11日 D=127mm、F=1500mm、Uranus-C 、SharpCap 4.1、10.0ms、Gain=440、6000フレームを50%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

| | | コメント (0)

2024年5月10日 (金)

ISSを撮る 2024/05/10

今日の宵にISSが南の空を通過したので撮影してみました。
最接近は19時34分30秒頃、南東の空で640kmほどでした。天頂通過するときは410kmくらい近づくので今日はやや小さめの姿ですが太陽光を受けた姿を横から見る形になるので太陽光パネルが明るく見えます。
Iss_202405101043_0
Iss_202405101043_4
Iss_202405101043_9
5月10日 D=127
mm、F=1500mm、Uranus-C 、SharpCap 4.1、1.0ms、Gain=270、RegiStax 6でWavelet処理

| | | コメント (0)

2024年4月29日 (月)

9日目 14時間40分のフライトに耐えて帰国する

2024年4月12日(金)~13日(土)9日目

メキシコから西回りで日付変更線を越えるためメキシコで迎えた4月12日はアリューシャン列島あたりで消えてしまい日本時間の4月13日になってしまう。

00:00B787ドリームライナー搭乗
アエロメヒコ航空の女性キャビンアテンダントで身長が低すぎて荷物棚の扉を閉めることができない人がいた。以前国内の採用条件に身長が入っていたそうだが今は条件に含まれていないそうだ。
定刻を過ぎても飛行機はまだ給油中とのことで出発が少し遅れる。機内は満員。

座席は17Fで3-3-3シートの中央列右通路側でトイレから離れた。左は米国人の奥さんと旦那。中央に座った奥さんがトイレに行くときは僕の方ではなく旦那を立たせて出て行くはずである。これは睡眠を妨害されずに済みそう。

機内は空調が効いてずっと寒かった。ウィンドブレーカーをカバンから出して手持ちしておいて正解だった。それでも寒くて備え付けのブランケットを掛けたがまだ足りない。

01:03(日本時間12日16:03)離陸
重い機体に薄い空気でちゃんと離陸できるのかと心配したが40分ほど遅れて無事離陸。これでメキシコとサヨナラである。
20240412
当日の飛行ルート
成田到着予定時刻は15:23(日本時間13日06:23)と表示されていた。

2:00朝食
離陸して1時間で「朝食」サービス。とはいえ深夜2時の食事。コーヒーの薄さ、ぬるさは学習済みだったのでもらわなかった。

食事が済んだら拓郎再生モード。食事で少し暖まったので少し眠ることができた。
長時間バス移動して腰と尻が鍛えられていたのか飛行中あまり態勢を入れ替えずに堪えることができた。
トイレは途中2回。

ここから時刻表記は日本時間

2024年4月13日(土)9日目
4:10(メキシコ時間12日13:10)頃日出ラインに追いつかれる
ずっと夜を飛行し続けるが日出ラインが後ろから追いかけて来て夜明けを迎えた。機内が点灯し明るくなる。
メキシコで11日19時ころに陽が沈んで夜になってから18時間続いた長い夜が終わった。

4:50昼食
となりに座る米国人夫婦の奥さんがスマホに表示された文章を僕に見せてきた。
「なぜそんなに長時間寝ていられたのか?」という僕に対する質問だった。実際にはずっと寝ていたわけではなく拓郎を聞いて席に座っていた
だけなので何と答えたものかと考えていたら、奥さんが「薬?(睡眠薬という意味か)」と聞いてきた。
僕はICレコーダーとイヤホンを見せて「音楽を聴いていただけ」。吉田拓郎といっても分からないだろうからジャパニーズポップスと答えておいた。本当はバス効果だったのかも。

6:40(メキシコ時間15:40)成田空港着陸
飛行距離は14000kmを超えていた。14時間40分の飛行。ほぼ定刻だった。

検疫はサーモグラフのようなもので通過して行く人の顔の体温測定をしていたようだ。
入国審査は機械を通してパスポート写真との顔認証でパス。記念に入国スタンプをもらう。
税金のかかるものは持ち込んでいないので以上で日本に入国。
ツアーの人達とはここで流れ解散となりお別れ。

7:37京成線成田空港発⇒日暮里⇒新宿⇒9:50登戸
土曜日だったので電車は空いていて助かった。15時間も座っていたのでずっと立って乗車。

10:00帰宅。
日食ツアーはこれにて成功裏に終了。
荷物を解いて洗濯したりして早めのお昼。帰国後の最初の食事は何にするか。冷蔵庫は空っぽ。
インスタントラーメンにした。サッポロ一番しょうゆ味。ワカメを多めにぶち込んで食べた。しょっぱくて超ウマく感じた。一袋80円程度でこのウマさは侮れない。インスタントラーメンは和食である。

肝心の帰国後の時差ボケはどうだったか。
元消防団員ハギワラ君の経験談によると西回りで帰国すると時差ボケはすぐ解消するらしい。昼に寝てしまうと夜眠れなくなるから我慢して起き続けて時差ボケ対策する。
21時頃就寝。

翌日4:30起床
頭はスッキリしている。以降夜まで眠くなることは無く通常の日本の生活に戻れた。1週間程度では完全に現地時間に体が慣れないまま日本に戻ってきたので時差ボケが起こらなかったのだろうか。

| | | コメント (0)

2024年4月28日 (日)

土星 2024/04/26

3:30起床。
良く晴れています。南の空低くに月齢19過ぎの月が光っていました。
3月1日に合となった土星が日出前の東の空に見え始めてきたので今シーズンの初撮影をしてみました。
お隣のエアコンはすでに24時間連続冷房運転に入っているようで今朝も元気にファンが回転して心地よい振動を送り届けて来ています。3月下旬まで暖房運転していてもう冷房運転に切り替えてるってどんだけ快適温度領域の狭い人なんだろう。
Sat_202404271938_3
4月26日04時38分  D=180mm、F=2700mm、2.5×パワーメイト、ADC、Uranus-C、SharpCap 4.1、20ms、Gain=530、8000フレームを60%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

初物の土星です。
7インチ鏡筒を使うのは3月22日のボケボケ木星の撮影以来。
土星は日出時でやっと高度20度程度。初めは直焦点で撮影練習をした後、高度の上昇と空の明るさとの兼ね合いを見てギリギリの時間で拡大撮影に入りました。
今日は低空の割には気流が落ち着いていたようです。それでもカッシーニの隙間が見えていないです。
来年の輪の消失に向けだいぶ細くなりました。その分暗くなっているので撮影が難しくなります。このあと6月下旬ころが今年の一番細い輪の状態となります。そのころには高度が40度を越えてくるのでもっとましな姿が写せると期待。

| | | コメント (0)

2024年4月19日 (金)

CSSを撮る 2024/04/19

4月後半になっても北寄りのバカ風が日中いっぱい吹きまくりました。
今日は日没直後にCSSの通過がベランダから良い条件で見られたので撮影してみました。
Css_202404190941_1
4月19日18時41分ころ
 D=127mm、F=1500mm、Uranus-C、SharpCap 4.1

強風により気流が悪くぼやけた感じの写りでガッカリ。
人工衛星自動追尾での撮影の手順とウデを鈍らせないように時々撮影して行かないといけませんね。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧