自転車旅2006

2007年1月 2日 (火)

2006年のまとめ

年末年始はやっぱり自転車で帰省した。その結果2006年の走行距離は14000kmを突破。
走行距離:14062km (2005年より554km多い)
走行時間:638h31m
平均時速:22.02km/h
日最長走行距離:305.0km 6月3日
パンク:16回 前輪6回、後輪10回
履き潰したタイヤ:2本
テント泊数:12泊
コケた回数:1回
Img20061230_13111712月30日強い北の向い風を受けて羽生に帰省する。羽根倉橋から荒川CRに出ると100%正面からの向かい風との戦いが延々50km続いた。写真はR16を越えて入間川(左)と荒川(右)に挟まれた土手上CRの様子。正面の赤城山から吹き降ろす空っ風をさえぎる物は何もない。
走行時間:4h29m、距離:90.8km、AV.20.2km/h


Img20061231_14501512月31日2006年の最後の走りは午後から利根川CRを軽く走る。写真は道路上で眠るように死んでいたメスのキジ。
走行時間:1h34m、距離:31.9km、AV.20.3km/h


 


Img20070101_1426392007年1月1日走り初めは午後から利根川CR、渡良瀬CRで遊水地まで周回。午前中甥たちとずっとバドミントンをやりへとへとになったので、午後逃げるように自転車に乗る。あー自転車は楽だ。
走行時間:3h01m、距離:71.5km、AV.23.8km/h



1月2日は羽生から自宅へ戻る。この季節北関東から南下する場合、大概追い風に恵まれるはずなのに今日はほとんど無風状態。今回の帰省では大いに風損した。
走行時間:3h31m、距離:86.0km、AV.24.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

江ノ島

6:40起床。今日も朝から晴れている。昨日と違うのは北風がやや強く吹いていたおかげで朝の冷え込みが無いこと。日の出後、太陽光が強まるのを待つ。今日は北風を利用して江ノ島を目指す。行きは追い風だが帰りはどうなるか。
8:20出発。多摩川CR~津久井道~県57~境川CR~遊行寺~R467~R134で11:10江ノ島着 (63.5km)。防波堤上のベンチでパン昼食。11:40出発し帰途につく。R134~R467~境川CR~県57~津久井道~多摩川CRで15:10帰宅。
Img20061224_114143江ノ島の防波堤上のベンチでパン昼食を取る。この季節トンビはほとんどいないので安心して食べられる。境川CRはずっと追い風で太陽を正面から浴びポカポカ走行だったが藤沢市内まで来ると雲が広がり始めた。防波堤の上でのんびり日向ぼっこしようと思っていたが風に吹かれて冷えてしまった。

 

Img20061224_114259防波堤から鎌倉方面を望む。休憩も早めに打ち切り帰途に着く。向い風を覚悟していたが以外にも風は弱まり東よりの横風となった。雲が広がり始めたのは東風に変わり始めたからだ。関東南部ってホント東風に弱い。これで今日の風収支はプラス。

 


走行時間:5h42m、距離:132.9km、AV.23.3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

和田峠

6:30起床。久しぶりに朝から晴れているが冷え込んで屋根にも霜が降りていた。寒さなれしていないので太陽が昇り、朝日に暖かみが感じられるまで待つ。12月に入ってから平坦なところしか走っていないので体に活を入れるため峠を目指す。
8:30出発。多摩川CR~浅川CR~高尾~R20~大垂水峠(398m)~藤野~県522~県521~12:50和田峠(700m)~陣馬街道~浅川CR~多摩川CRで15:50帰宅。帰路の浅川から多摩川では久しぶりの峠越えで疲れ果てた足に南よりの向い風を受けママチャリペースにまで落ち込む。
Img20061223_111858大垂水峠を超えて甲州街道最初の宿場町「小原宿」本陣屋敷





 

Img20061223_113118相模湖。手前の橋は勝瀬橋。新しい橋ができて今は使われなくなっている。






Img20061223_1252557/1以来今年2度目の和田峠。いつも藤野側から登って八王子に下る。今日はここから陣馬山頂まで登る予定だったが到着が遅くなったためすぐに下った。





走行時間:6h20m、距離:135.8km、AV.21.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

暖冬傾向

午前中曇りでレーダを見ると南西-北東方向に伸びる雨雲列が東海南部から関東南岸に引っかかっていた。沿岸部や東京湾周辺では南西風が吹き込み朝から12度くらいの暖かな朝。雨は落ちていなかったけどなんとなく様子見しているうちに昼ちかくなる。午後から走る予定で早めの昼食を取ったまでは良かったけれど不覚にも昼寝をこいてしまった。目覚めると14:30で日ざしが出てぽかぽか陽気。今年は秋口からずっと暖か傾向でなかなか引き締まった寒さにならない。この分では来週もコート無しの出勤が続きそう。朝の出勤時間帯皆さんコートやマフラー巻いてますが電車の中で暑くないですか?。12月だからといってムリして厚着しなくていいんですよ!。
14:50出発。多摩川CRで関戸橋折り返し16:00帰宅。今日はウィンドブレーカも手袋も無しで走って汗をかいた。
Img20061217_145910_1またもや登ろうとしている(ぶら下がっているだけ)やつがいた。彼もあと一週間のガマンである。






走行時間:1h02m、走行距離:27.2km、AV.26.4km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

氷川丸

8:40出発。多摩川CR~ガス橋~県111~県14~鶴見~R15~山下公園。11:00氷川丸乗船、見学。12:30下船。山下公園~R15~六郷橋~多摩川CR~羽田~多摩川CRで15:00帰宅。
横浜の山下公園に係留されている氷川丸とマリンタワーの営業が今月25日で終了となる。現在は「45年間ありがとうキャンペーン」中で入場料が半額の400円となっているのでこの機会に見に行く。
Img20061216_103656新港埠頭の横浜海上保安部前の5号岸壁に停泊中の練習帆船「海王丸」。今月7日に到着して年明け11日にハワイに向けて出港していく。2年前富山港で台風により座礁して船体を傷つけてしまった船です。船歴は古く1930年建造。岸壁は立ち入り禁止区域なので正面からしか眺められない。 
 

Img20061216_104018_1新港埠頭にある赤レンガ倉庫。関東大震災前から建っていた。 
 


Img20061216_105525目的の氷川丸。公開は25日で終了し、以降船の管理は昔の船主日本郵船に引き継がれる。偶然にも海王丸と同じ1930年の建造。引退は1960年で現役期間は30年。その後45年間ずっとここに係留されてきた。

Img20061216_112012船内に展示されている貨客船のペーパークラフト模型。主に太平洋戦前に建造された船が40隻ほど展示されている。簡単な説明のプレートがあるが、ほとんど雷撃、空爆により沈没となっている。


Img20061216_120700客室(特別室)。 
 

Img20061216_123340係留している鎖に等間隔で羽根を休めるかもめたち。 

 

Img20061216_134531多摩川を見つめるねこ。R15は交通量が多くて自転車での車道走りは神経を使う。特に路上駐車がいると右車線にはみださなくてはならず「何で止まってんだよー。クルマのくせに」と愚痴をこぼす。六郷橋を渡って多摩川CRに出るとほっとする。 

走行時間:4h06m、距離:94.9km、AV.23.2km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

羽村阿蘇神社

8:30起床。何故か早起きできなかった。やはり病気か?。でも路面がやっと乾き始めたくらいなのでいずれにしても早く出発することはできなかった。
9:30出発。多摩川CR~羽村~阿蘇神社で折り返し。帰路多摩川CRの昭島付近から季節風が吹き始め追い風楽ちん走行で13:50帰宅。久しぶりに太陽の光を浴びられたけどあ~調子悪りぃ。
Img20061210_113905多摩川CRは羽村の堰で一旦途切れるが、堰の上流から1kmほど続いている。そのCRの本当の終点は阿蘇神社の南参道となっている。ここは1400年以上の歴史のある古い神社。



 

Img20061210_114626多摩川から引き込んだ水路を利用して水車小屋が作られていた。







走行時間:4h01m、距離:91.0km、AV.22.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

都内紅葉

朝、たまっていたパンク修理とホイール交換。10:00出発。多摩川CR~世田谷通り~荒玉水道道路~青梅街道~靖国通り~外苑西通り~神宮外苑~R246~内堀通り~パレスサイクリング~日比谷通り~R15~海岸通り~昭和島~羽田~多摩川CRで15:20帰宅。
Map20061203今日の主なコース。世田谷通りから北東に一直線に走るのが荒玉水道道路。都心に出るときは良く使う。帰りの多摩川CRでは北からの向い風を覚悟していたが、予想外の東よりの追い風で楽ちん走行。





Img20061203_104524_1荒玉水道道路と神田川のぶつかるあたりにあるお気に入りの公園の黄葉。ここはイチョウがきれい。






Img20061203_113322神宮外苑のイチョウ並木。いちょう祭りが開催されて人出はすごかったけど今ひとつマダラ模様。これから色づくのにいちょう祭りは今日が最終日。神宮外苑周回道路は自転車専用になっていて二周ほど走る。




Img20061203_115310皇居前のパレスサイクリング。気候が寒くなってきたせいか一般の人は少なく、ロードにジャージ姿の気合の入った人が目に付く。二往復ほど走る。





Img20061203_122339パレスサイクリングから離脱して日比谷公園に入る。日ざしも戻りこの池の周りはきれいだった。






走行時間:4h52m、距離:106.6km、AV.21.3km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

宮ヶ瀬湖

朝方冷え込んだが今日は南風が吹いて気温が上がる予報。
7:00出発。多摩川CR~浅川CR~高尾~町田街道~県48~R413~津久井湖~県513~県64~10:40宮ヶ瀬湖~やまびこ大橋~県64~県60~厚木~相模川右岸沿いの道~座架依橋で後輪パンク。チューブ交換~相模川左岸CR~県52~町田~境川CR~県57~津久井道~多摩川CRで15:30帰宅。厚木手前からSW風が強まって気温が上がり汗をかく。厚木からは目論見通り追い風となり楽ちん走行。
Map20061202今日のコース。宮ヶ瀬湖までは上り坂、宮ヶ瀬湖から厚木までは下り坂。下りの後に待っていたのは暖かい追い風だった。







Img20061202_095053津久井湖周辺の山の紅葉。県道513の坂道を登りきった峠から振り返って撮影。下に見える道路は国道413号線。






Img20061202_103750宮ヶ瀬湖虹の大橋から見た湖岸の紅葉。虹の大橋はどうしたわけか橋の両側が金網で覆われている。飛び込み防止のためだろうか。写真の右上がすこし暗くなっているのは金網が写ってしまったから。




Img20061202_104428宮ヶ瀬湖畔園地に自生しているモミの木(自転車の向こうに見える木)がクリスマスツリーの飾り付けをされている。「第21回宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい」が行なわれ今日2日から25日までライトアップするらしい。




Img20061202_104758公園内の木やオブジェにはすべて小さな電球が巻きつけられていた。これは多分雪だるまか?。ライトアップは17時から23時まで。残念ながら自転車は明るいうちに家に帰る決まりの私は早々に引き上げる。




Img20061202_110230宮ヶ瀬湖沿い県道64号脇の山の紅葉







Img20061202_153051自宅近くの神社のイチョウもいい感じ。自転車で遠くまで行かなくても周りが紅葉する季節となった。






走行時間:6h55m、距離:150.0km、AV.21.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月29日 (水)

箱入りみかん

北関東低山紅葉ツーリング四日目(11月26日)
6:40起床。南の空は雲がいっぱい。北の空にはまだ青空が残っている。天気は下り坂。今日はどこにも寄らず自宅に戻るだけにした。紅葉で目が肥えてしまった状態で江戸川CRを走るのは退屈に違いないと思い、距離の短い荒川CR経由にした。7:30出発。利根川CR~利根大堰。魚道を遡るサケが見られるらしいのだがオープンが9時からなのであきらめる。県128~熊谷~荒川CR~羽根倉橋~志木~県36~ひばりが丘~都12、都19~多摩川CRで13:10無事帰宅。雨は夜から降り始めた。
Img20061126_085709熊谷の荒川大橋から2kmほど荒川CRを下ったところで完全な通行止めにぶちあたる。ここから吹上の大芦橋まで迂回する。今日は天気が悪くなるのに下流から走ってくるサイクリストがずいぶんいた。




走行時間:5h06m、距離:118.8km、AV.23.3km/h

夜になって宅配業者がみかんを持ってきた。
今年はみかんが高いのでみかん農家から直販で買おうと兄と話していたが、さっそく注文を出していたようだ。(感謝!)
Img20061126_205534みかんとご対面。
5kg入りのダンボールにぎっしり。愛媛県西宇和の生まれです。




 

Img20061126_210152みかん整列!。すぐ食べたいのをガマンして全部を並べて記念撮影。小粒ですが味が濃くウマイ。ワックスがけや磨きなど余計なことはしていない。毎日7~8個のペースで食べているので10日ほどでお代わりをしないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

太平山~足利

北関東低山紅葉ツーリング三日目(11月25日)
6:40起床。昨日午後吹いた北西風もおさまり明け方は放射冷却でこの秋一番の冷え込みで羽生では氷が張っていた。7:30羽生出発。毎日規則正しい生活である。利根川CR~埼玉大橋~利根川左岸CR~渡良瀬川CR~藤岡~県11~太平山(おおひらさん)神社~岩舟~県67に並行する道~県67~足利学校~渡良瀬川CR~利根川CR~16:40羽生着。太陽は16:20に秩父山地に沈んでしまった。
Img20061125_102444太平山神社手前の謙信平までの登りで大汗をかく。山自体は300m程度だが平地からそびえているので傾斜が急でそれなりに大変。小さな山が平野に点在し、まるで海に浮かぶ島のよう。

 

Img20061125_102800謙信平付近の茶屋の紅葉。ここはまだちょっと早い感じ。

Img20061125_105523標高340mの太平山山頂にある富士浅間神社。太平山神社からは登山道を15分ほど登って到着。周囲は木立に覆われて見晴らしはない。登山道の最初のあたりに栃木市方面が見渡せるポイントがある。登山道周辺でクマが出たとの情報があった。



Img20061125_111111太平山神社
参道はあじさい坂といってあじさいが見事な場所らしい。参道から来ると石段を1000段登らされる。坂は自転車で登ったほうが楽。特に帰りが。

Img20061125_121117JR両毛線岩舟駅近くにある日本一小さい石の資料館。なんと入館無料!。
 

 

Img20061125_121223岩舟駅前の住宅にも登ってるやつがいた。  







Img20061125_132822佐野を通過して13:20足利学校に到着。茅葺の建物がいっぱい。ここで入場料を支払って中に入ってしまうと絶対に日没までに羽生に戻れないので我慢して外から撮影。川沿いのCRなんて街灯などあるわけが無く、真っ暗闇の中をライト頼りに走るなんて怖くて出来ません。
 

Img20061125_140628昨日も走った足利の渡良瀬川CR。今日は河川敷に野良牛がいた。柵も何も無いところに放し飼いされている。
このあと渡良瀬遊水地まで走ってしまったため日没までに羽生に到達できず。かろうじて明るいうちに帰れた。

走行時間:6h54m、距離:158.9km、AV.23.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧